オンライン手打うどん大会

2020年5月2日
和泉親児の会では、地域の皆さんとオンラインテレビ会議システムZOOMを活用して
本年度初めてのイベント、子供と一緒に自宅でできる「ZOOMで手打ちうどん講習会」を実施しました。

自宅待機中でも地域交流ができるというご参考になればと思います。
(自宅から参加出来るなら、ぜひ親児の会に参加したい!という方も絶賛募集中です)

コロナ禍の中でも、和泉親児の会は明るく楽しい活動を皆さんと行っていきたいと思います!

 

親児の会に10年前?から伝わるレシピをもとに、セピア会員(親児の会OBOGの方々)のご指導の下、参加者11名、ZOOMを使ったオンライン上で実施いたしました。


中力粉はグルテンの量を計算したら薄力粉・強力粉をブレンドしても代用できることを学習!


思ったより全然少ない量の塩水で、いい感じのうどん玉が!

本来は中力粉でうどん生地を作りたいところでしたが、買い占めのせいか、思うようにお粉がそろわず、薄力粉で作るご家庭もあれば、薄力粉と強力粉のブレンドで行うご家庭もありで、個性豊かなうどん粉が揃いました。
最初は粉に塩と水を入れ、混ぜ合わせていく作業でしたが、粉の違いか?室温の違いか?
とにかく先生の映像と同じ質感の生地ができず、みなさん質問攻めでした(笑)。
(たくさんの人数が参加するZOOMで、うまく講師を行う方法も勉強しなくては!!)

 

生地を寝かせて1時間後、オンライン上で再集合!

 

 オンライン手打ちうどん大会第二部では、うどん生地を切って麺状にするところまでで、味付けは各ご家庭で行い、完成品の発表や感想は後日オンライン上で報告し合うことにしました。

どのご家庭もとてもおいしそうで、次の日もうどんを食べるというご家庭も複数あり、大盛況でした。



 

さて、我が家(※補足:本年度親児の会@会長宅)のうどんですが、自宅待機で増加した体重を利用し踏み倒したせいか、腰が強く大好評でした。
味付けは、大根おろしに天かすとネギをのせ、主人特製のめんつゆをかけいただきました。とてもおいしかったです。

オンラインでの活動に慣れてきたら人数を増やして、多くの人とハッピーを共有できるイベントを行っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です